ルームウェアはユニクロ

私のルームウェアは、ユニクロ中心です。

 

 なぜなら、私はユニクロのフリース生地が大好きだからです。

 

 上は紫と黒のチェックの上着、下は黒字に青いラインの入ったマイクロフリースのズボンです。

 

 上着のフリースはそこまでモコモコとかさばるわけでもないのに、とても暖かくて気に入っています。

 

 ズボンはすそのところに紐がついており、これを引っ張るとすそがしまるので冬はこれをしめて寝ています。

 

 すそをしめることによって空気が外に逃げませんので、脚が冷えるのを防いでくれるわけです。

 

 また、腰ひももついていますので、これもしめて寝ればさらに保温性アップというわけです。

 

 ユニクロのいいところはこういった機能性に優れている部分と、紫や青などの色を上手にデザインしたファッション性の高さです。

 

 私は1人暮らしの男性で恋人もいませんので、別に誰にルームウェアをみせるというわけでもないのですが、デザインが良い方が気分的にも違ってきます。

 

 なおかつ、何と言ってもユニクロの商品は安いのが特徴的です。

 

 これら1着ずつのお値段はだいたい1000円〜2000円、セール品ならもっと安く入手できます。

 

 これだけ揃っているとなかなか他社製品には手を出しづらく、ユニクロの経営戦略が成功している証拠だと思います。

冬の部屋着はユニクロのフリースがいいです

冬の部屋着はなんと言っても保温性に優れていることが必要です。
何枚も重ねたり、ジャケットを着たりしていると、部屋の中ではリラックスできません。

 

ですから、1枚でも十分に温かい部屋着が私は好きです。
私はユニクロのフリースの部屋着を着ています。

 

軽くて温かくて冬には手放せない部屋着です。
私は何枚も重ねて着ることが苦手なので、フリース1枚で部屋にいます。

 

それだけ部屋が温かいということもあるのですが、フリース1枚でも温かく感じるくらいです。
それと、部屋着に使っているのは同じユニクロのスヌーピーの柄がついたスウェットシャツです。

 

これは長袖でフリースよりは温かくはありませんが、
動きやすくて、そのまま玄関に出たりもできるので、部屋着としては優秀だと思います。

 

部屋着は部屋にいるときにくつろいで着るものですから、窮屈なものは困ります。

 

ユニクロの部屋着は上下がセットになっていて、
色違いや柄違いが豊富にそろっていますので、いくつか持っていると、とても便利です。

 

上下が別々の柄になっていますので、
玄関へ宅配便の受け取りやクリーニングの受け取りなどで出ても恥ずかしくないですし、
そのまま眠るパジャマとしてもつかえるところが非常に便利です。

 

そうそう、武藤静香ちゃんの部屋着もなかなか女子に受けがいいです。
Radyという通販サイトで販売されているんですが、公式サイトを見てるだけでワクワクしますね^^